2012年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:01 Jul 26 2012

中国人家庭の純資産額が米国を上回る?調査結果が話題に

 「中国家庭金融調査報告」は、「中国人の住宅所有率が90%に達する」とするデータを発表し、業界内で疑問の声が広まった。同報告書を作成した、中国西南財経大学中国家庭金融調査研究センターはこのほど、「中国家庭金融調査報告・2012」を発表した。同報告書は「中国人家庭の純資産額が、米国人家庭を21%上回る」と称し、再び論議の的となっている。北京晨報が伝えた。

 ◆人口と不動産価格による影響

 中国のGDPは米国の半分にも達していないが、家庭の資産額が米国を上回った。このデータは多くの学者を驚かせており、同データが過大評価であるとする声もあがった。

 同報告書の主な担当者の一人、中国西南財経大学の甘犁教授は、同データはでっち上げではないと述べた。連邦準備制度は今年6月11日、2010年の米国の家庭資産状況を公表し、米国人家庭の純資産額を57万1000ドルとした。同年の中国人家庭の純資産額は69万1000ドルに達し、米国を21%上回った。

 ハーバード大学のDavid Wise教授は、同データは理にかなっていると述べた。まず中国の人口は米国の4倍に達し、家庭の構成人数が米国を上回っている。また中国の不動産価格が高騰し、中国人家庭の住宅資産総額が米国を上回った。

 甘教授はまた、「中国の不動産市場の拡大が、中国人家庭の純資産額を引き上げる主因となった。中国において、不動産が家庭の資産総額に占める比率は高い。2007年から現在に至るまで、不動産価格が急落したことはなく、むしろ高騰した。一方で米国の不動産価格は、2007年から現在まで約30%下落している」と説明した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古