2012年7月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:59 Jul 11 2012

マイクロソフト 中国のパソコン販売9社を提訴

 マイクロソフトは10日、同社の権利を侵害したとして、中国の7都市のパソコン販売会社9社を提訴することを明らかにした。この9社が販売する製品にはマイクロソフトのウィンドウズの海賊版ソフトがインストールされており、聯想レノボ)、ヒューレット・パッカード、デル、エイサーなど各ブランドの製品にこうした行為がみられるという。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 今回、マイクロソフトが提訴する企業には、北京天晴東方科貿有限公司や深セン市艾格信息技術有限公司などが含まれる。

 過去数年間、マクロソフトの中国法人は国内のパソコン販売会社を相手取って毎年のようにこうした訴訟を起こしてきた。その結果は和解に至るケースが多く、販売会社はこれまでマイクロソフトに少なからぬ賠償金を支払ってきた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年7月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古