2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:08 Jul 31 2012

台湾銀行、上海に支店を開設

 台湾最大の台湾銀行は上海で10日、中国大陸部初となる支店の開業式を開いた。台湾銀行は同支店を足がかりに巨大な大陸部金融市場を開拓し、将来的に両岸通過決済システムの中で重要な役割を演じる構えだ。新華社が伝えた。

 1946年に設立された台湾銀行は100%の国営銀行で、「海峡両岸経済協力枠組協議(ECFA)」のアーリーハーベスト品目リストにより初めて利益を得た銀行の一つだ。

 台湾銀行の前身は株式会社台湾銀行で、かつて大陸部の各地で35の支店を開設し、大陸部との縁が深い。大陸部と台湾の経済・貿易・金融交流が日増しに盛んになっており、台湾銀行は大陸市場に目を向けた。

 台湾銀行の張秀蓮董事長(取締役会長)は、上海支店を同行の「西側進出の第一歩」としており、今後は上海を足がかりとし、大陸部のその他の拠点の開拓を進めていくと語った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古