2012年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:58 Jul 26 2012

中国GDP成長率8%割れ 国家統計局「なお高成長」

 中国国家統計局は13日、今年上半期(1-6月)の実質国内総生産(GDP)の成長率が前年同期比7.8%増となり、3年ぶりに8%を割り込んだと発表した。欧州財政危機など国際情勢の悪化に伴う輸出鈍化や国内不動産への調整策に伴う内需鈍化が原因とする一方、「経済発展の法則に合致しており、所期目標(7.5%)をなお上回っている」と安定成長を強調した。
 
 同局の盛来運報道官はGDP成長率が8%を割り込んだ原因について、▽欧州財政危機など国際情勢の悪化に伴い輸出が鈍化している▽国内不動産に対する調整策に伴い内需が鈍化している▽構造転換の新たな段階を迎えており、資源の需給関係に変化が生じ、潜在的な成長率・生産率がやや低下している---ことなどを挙げた。

 世界経済のけん引役である中国の景気減速への懸念が強まっていることについては、▽世界的にみれば、高い成長率をなお維持しており、所期目標の7.5%を上回っている▽GDP成長率の減速は経済発展の法則に合致している▽7-8%の成長率は構造転換や資源配置の合理化などに適している▽中国人民銀行(中央銀行)が実施した金準備率と貸出・預金金利の引き下げが、重要な役割を果たしている---との見方を示し、安定成長を強調した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2012年7月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古