2012年7月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:40 Jul 16 2012

文化産業発展指数 北京・上海がトップレベル

 教育部の哲学社会科学分野における重要課題の研究成果である「中国文化産業発展指数報告」が、15日に上海市の上海交通大学で発表された。同報告は第11次五カ年計画(2006-10年、十一五)期間の文化産業の発展情況を明らかにしたもので、31省・自治区・直轄市それぞれの文化産業の発展ぶりを指数による評価に基づき3つの階層に分けて示している。各地の指数をみると、北京市と上海市の指数が他省区市を大きく引き離している。「人民日報」海外版が伝えた。

 同報告によると、北京市と上海市はそれぞれ第1の階層に入り、指数の値は85-90ポイントで、両市の間にはそれほど差はない。第2の階層には広東省、山東省、江蘇省、浙江省が入り、指数は26-52ポイント。第3の階層には25省区市が入り、指数は26ポイントを下回った。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古