2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:07 Jul 31 2012

中国上場企業の傑出した50人 トップは国航会長

【中日対訳】

 このほど初めて作成された「中国上場企業の傑出した50人ランキング」が15日、米国誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」の中国語版のリニューアル記念式典で発表された。トップ3には中国国際航空の李家祥董事長(会長)、中信証券の王東明董事長、格力電器の董明珠董事長が並んだ。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 このランキングと他のランキングとの最大の違いは、評価の対象が各企業の株式市場における最長4年にわたる動きであることで、短期的な業績を評価するものではないということだ。また同誌が2010年以降に発表したランキングとしては、グローバル最優秀CEO(最高経営責任者)ランキング、中南米の最優秀CEOランキング、インドの最優秀CEOランキングに次ぐ、4つ目のものとなる。

 同誌は世界の専門家を招聘し、公開されたデータや年度報告に基づき、上海と深センの両証券取引所のA株市場に4年以上連続で上場する企業数百社のトップ509人を対象としてそれぞれ評価を行った。評価では主に、株式市場における企業の評価指標(国の調整を経た株式のリターン、産業の調整を経た株式のリターン、各トップの任期中の企業の時価総額の動き)をよりどころとした。

 中国国際航空はトップの李氏の下で、産業の調整を経た株式全体のリターン率は1022%、年間の複合収益率は129%に上り、時価総額は2370億元(約367億ドル)に達した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古