2012年7月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:25 Jul 16 2012

アフリカへの投資、資源の開発が中心に (2)

 ◆鉱業投資の優遇

 豊富な資源を持つアフリカの各国も、モデルチェンジの道のりを歩み始めた。海外メディアの報道によると、世界の大口商品価格が近年高騰しており、アフリカの鉱業の繁栄を促している。アフリカの各国は鉱業を巡る新たな政策を検討しており、鉱業の収益増により国家の発展計画を支える方針だ。リベリア、ナミビア、南アフリカ等の各国政府は、鉱業の税制改革を実施しており、鉱業に対する管理を強化している。

 リベリア政府はこのほど、規則を遵守しない25社の資源企業の営業許可を抹消した。これはアフリカ各国がこのほど、鉱業に対する管理抑制を強化している一例だ。ナミビアン紙は、ナミビアが鉱産物に高額の税金をかけることを検討していると伝えた。タンザニアや南アフリカもまた、鉱産物に対する高額の税金、政府の鉱産物に対する管理の強化、戦略的資源の抑制等による収益増を検討中だ。

 Yahia Zoubir助教授は、「アフリカ諸国による鉱業関連の政策・改革は、グローバル資源企業とベンチャーキャピタルによる投資に影響を及ぼしているが、世界の未開発の鉱産物がアフリカに集中しているため、これを巡る競合が激化するだろう。中国は中長期的な発展を実現するため、アフリカでの影響力を拡大するべきだ。アフリカの各国は、鉱物資源使用税率を3%としており、5%に引き上げている国家は少数だ。また資源企業は、関税、輸入税、源泉徴収税、付加価値税の免税等、さまざまな優遇政策が適用される」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月16日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古