2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:13 Jul 31 2012

みずほコーポレート銀行、中国向けの金融セミナーを開講

みずほコーポレート銀行の鈴木宏司中国営業推進部長

 みずほコーポレート銀行が開講する「みずほ金融研修班」(中国の金融機関関係者などを日本に招いての金融セミナー)は13日、修了者の送迎会を開催した。今回の研修クラスは7月9日から13日に渡り開かれ、中国各界の優秀な人材16人が学習と交流に参加した。人民網が伝えた。

 みずほコーポレート銀行の鈴木宏司中国営業推進部長は、送迎会で本紙記者の取材に応じた。金融セミナーの歴史と成果について、鈴木部長は「みずほコーポレート銀行は、1979年より毎年中国向けの金融セミナーを開講しており、2002年にはみずほ金融研修班と名付けられた。33年間で、同セミナーの卒業生は1100人以上に達した。修了者らは学習と交流により得られた知識と経験を携え、中国の金融界で活躍している。同セミナーの開設は、中国金融界の人材育成に貢献している」と述べた。

 鈴木部長は、「中国経済の高度成長に伴い、世界各国が中国市場に注目している。円と人民元の直接取引が、6月1日より東京と上海で開始された。当社は為替レートを積極的に調整し、貨幣の流動性を確保し、6月11日に人民元公示相場を公開した。今後はさらに市場の需要に応じ、人民元の関連業務を拡大していく」と語った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古