2012年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:54 Jul 26 2012

中国ブランドの国際化 文化的蓄積を土台に

 中国は今や米国と日本に次ぐ世界で3番目のぜいたく品市場だ。まもなく日本を抜いて、世界2位のぜいたく品市場になるとの見方を示す業界ウォッチャーも多い。人々の期待を背にして、時代は「メードインチャイナ」(中国製造)から「デザインドバイチャイナ」(中国設計)へと変わりつつある中、中国の老舗ブランドがこのほど上海市で「囲みを突破する」ための行動に出た。ある専門家の指摘によると、中国のハイエンドブランドが長く生き延びようと思うなら、タイミングを見計らって欧州市場のデザイナーと協力する必要があるが、こうした協力は中国の文化的背景に基づくものでなければならないという。「国際金融報」が伝えた。

 ▽ブランド構築は自国の文化を基礎に

 グローバル金融危機の打撃を受けて、中国の輸出企業や対外業務を主に扱う企業の多くが倒産の危機に瀕している。こうした企業は受託加工からブランド構築へのグレードアップをはかろうとしているが、ブランド構築の戦略も経験もないため、ほとんどの独自ブランドが一時のあだ花で終わっている。それでは中国企業のブランド構築の道筋にはどのような問題とチャンスが横たわっているのだろうか。

 大陸部にはぜいたく品の消費力があり、実際のところ中国のぜいたく品消費市場は英国をはるかに上回る。ここ数年間、大陸部の人々は欧州に旅行してぜいたく品を大量に購入している。あるデータによると、2010年に中国のぜいたく品消費者が海外で消費した金額はぜいたく品消費額全体の約24.5%を占め、香港地区と澳門(マカオ)地区での消費額は34%に上った一方、大陸部での消費額は41.5%にとどまり、前年の43.5%より低下した。このことから、中国が早急に独自のぜいたく品ブランドを構築しなければ、ぜいたく品の消費者を国内市場にとどめるの難しくなるということがわかる。

 フランスのユーロメッドマルセイユビジネススクールのMBA・EMBAプロジェクト主任を務める、ブランド管理の専門家ミシェル・グザッツ氏は、「中国がブランド戦略を発展させたいと考えるなら、まず品質重視の路線を取らなくてはならない。次に中国の文化的な蓄積を土台としつつ、ブランド価値創出では欧州のデザイナーの力を借りる必要がある。その次に持続可能な発展に向けて、教育の分野でブランド構築に携わる人材の育成を増やす必要がある」という。また、「ぜいたく品ブランドは自国の文化に立脚していなければならない」と指摘し、次のように述べた。欧州の有名ブランドの発展の歴史を眺めると、デザインには各地の文化的特色が反映されている。その一方、海外での売れ行きが好調な中国ブランドが長く生き残っている理由を考えると、自国の文化的特色をよくくみ取っていることのほかに、外国人デザイナーを採用していることと直接関係がある。海外進出に成功した中国ブランドは、品質管理とブランドデザインとをはっきりと区別し、「経営者は経営をやり、デザイナーはデザインをする」ということを真に実現している。

 ふさわしい人材を育成するため、中国・フランスの教育関係者は現在、ハイエンドブランドを管理する人材の育成に着手している。同ビジネススクールと上海交通大学安泰経済・管理学院はこのほど、両校が手を結んでブランド、デザイン、イノベーション分野のMBA課程をうち出す予定であり、第一期クラスは今年秋に開講することを明らかにした。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古