2012年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Jul 19 2012

年中経済会議が間もなく開催、安定成長に向けた対策とは (2)

 ◆株式市場の救済による景気刺激は?

 沈氏はこれについて、「難しい」と判断した。中央銀行による金利の市場化改革と非対称利下げにより、大手銀行は株価下落の圧力に直面する。反対に、不動産販売の好転により、大手デベロッパーが利益を得るため、A株市場における注目株となる。そのため、株式市場の救済による景気刺激には、数多くの不確定要素が存在する。彭氏は、「株式市場の救済による景気刺激は、本末転倒だ。経済が回復し、自信が取り戻されれば、株式市場も好転するだろう。現在の政策は投資をやや上向かせており、第3・4四半期に実体経済活動に反映されるだろう」とした。

 ◆減税の可能性は?

 彭氏は、「減税の可能性は低く、税制改革の可能性が高い」と指摘した。

 沈氏は、「減税を強化し、税制優遇制度により、国家が政策的に支援する戦略的新興産業に対する、企業の投資を拡大する必要がある。民間投資の奨励通達『非公36条』の実施は、独占の打破に対して有利に働く」と語った。

 中小企業を支援したとしても、経済を短期間内に好転させることはできないが、彭氏は「減税と中小企業の支援は、必ず取り組むべき中長期的な市場救済措置だ。独占の打破については、金融・情報業界で推進されるだろう」と分析した。

 ◆市場救済の資金はどこから拠出されるのか?

 株式市場が低迷し、投資家の企業に対する自信が低下する中、市場救済の資金はどこから拠出されるのか。欧州債務危機は、債券投資のコスト高騰により発生したが、このような投資により収益を得ることは困難だ。

 高氏は、「中国のこれまでのマクロ政策調整は、主に投資・消費・輸出を中心としてきたが、貨幣供給量が大幅に増加し、経済成長とインフレのバランス化が問題となっている。今後の経済調整は、投資・消費・輸出のみに依存することはできない。制度整備を強化し、独占を打破し、民間経済の活力を刺激し、経営者のイノベーション等を促すべきだ」と主張した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月19日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古