2012年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:47 Jul 26 2012

人民元レート改革、7年間で価値が23%増

 7年前の7月21日から人民元改革が開始され、人民元レートが新たな時代を迎えた。7年間があっという間に過ぎ去ったが、中国に大きな変化がもたらされた。人民元の対米ドル為替レート中間値は、2005年7月21日の時点では8.11であったが、2012年7月19日には6.37となり、人民元の価値が23%増となった。中国国務院新聞弁公室の統計データによると、人民元レート改革から2011年8月末までに、人民元の対米ドル名義有効為替レートは約30%増となった。北京晨報が伝えた。

 人民元レート改革は突如発表され、市場は当時の中央銀行(中国人民銀行)の行動を「不意打ち」と表現した。2005年7月21日19時、中央銀行は人民元の対米ドル為替レート中間値を8.27から8.11に調整し、人民元の価値が2.1%切り上げられた。中央銀行は同時に、人民元と米ドルという単一の為替レート連動体系を廃止し、市場の需給と通貨バスケットに基づき調節・管理される、変動相場制を開始した。

 対外経貿大学の趙慶明客員教授は、「自主的な抑制が可能なレートを探っていた際に、中央銀行がこのような政策を突然発表し、意表を突かれた」と振り返った。

 中国国務院発展研究センター金融研究所の巴曙松副所長もまた、2005年に出版した著書の中で、「2005年3月、温家宝首相は記者の質問に応じ、人民元レートの調整は不意を突き実施されると述べた。これにより、人民元レートは当時の中国マクロ経済にとって、最大の懸念事項となった。同年4月、米国の上・下院はそれぞれ異なる手段により、中国が人民元レートを操作していると非難し、世界的な懸念事項となった」と記した。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古