2012年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:50 Jul 20 2012

人民元レート改革、7年間で価値が23%増 (3)

 趙客員教授は、「これらの圧力を受け、業界内では当時、大幅な元安が予想されていた」と語った。景気低迷を受け、人民元レート改革はかつてない苦境に立たされた。しかし2008年末から2010年にかけて、人民元レートは予想を上回る理想的な数値を示し、対米ドルレートは約6.82を維持し、バランスを保った。
 
 ◆人民元レートの市場化を推進

 人民元レート改革が中国に利益をもたらしたことは、言うまでもない。中央銀行はかつて、「レートの変動により、サービス業の内需関連部門に資源を回すことができる。また産業のアップグレードを促し、貿易のバランスを維持し、輸出に対する経済の過度な依存を防ぐことができる」と述べた。2010年、中国が金融危機による影響からいち早く脱却した際、中央銀行は人民元レート改革の推進を再度促した。

 業界関係者は、「人民元レート形成メカニズムの改革をさらに推進し、人民元レートの柔軟性を高めるとする発言は、人民元が一度に切り上げられることがなく、上げ幅も適度に抑えられることを示している。人民元の対米ドルレートは、双方向的に変動するため、変動幅がやや大きくなる」と指摘した。

 今年より、人民元切上げは人民元レート改革の代名詞ではなくなった。人民元レートが合理的な水準に達したとする主な根拠は、元安がすでに予想されていること、経常項目の黒字がGDPに占める比率が大幅に低下していることだ。光大証券がこのほど発表した報告書もまた、「人民元がこのほど元安の圧力に直面しているため、人民元の対米ドルレートは、現時点としては適切なバランスを維持している」とまとめた。

 趙客員教授は、「人民元レートの市場化が進んでいない。人民元の動向に対する見方は依然として『単一的』であり、市場の未熟さを示している。中国は人民元の貿易決済における比重を高め、グローバル企業の人民元建てクロスボーダー決済を促す等の手段により、市場を徐々に成熟させるべきだ」と提案した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月20日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古