2012年7月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:39 Jul 24 2012

戦略的新興産業 2020年はGDPの15%に

2011年8月19日、蘇州工業パーク(江蘇省)の生物ナノ科学技術パークで、計器の検査・メンテナンスを行う蘇州吉瑪基因薬物科技有限公司の技術者。

 国家発展改革委員会の張暁強副主任は23日、中国の戦略的新興産業の育成発展をめぐりインターネットを通じて市民と対話した。張副主任は「『十二五』期間の国の戦略的新興産業発展プラン」を詳しく説明するとともに、戦略的新興産業は中国の新たな周期の経済成長の重要な推進力であるとの見方を示し、2020年をめどに国内総生産(GDP)に占める割合を15%に引き上げるとの方針を明らかにした。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽経済復興を促進する動力に

 張副主任によると、現在のような経済が低迷する情況の中では、戦略的新興産業の発展において、競争の主導権を握り、新たな経済の重点を発展させ、経済の一日も早い回復を促進する強い動力を備えることが特に差し迫った課題だという。

 また張副主任によると、阿里巴巴のB2C(企業から一般消費者への取引)業務は昨年6千億元の売上高を達成し、今年は1兆元に達することが予想される。華視数字は最近、モノのインターネットの技術を発展させ、昨年の売上高は50億元を超え、今年は70億元に達することが予想されるという。張副主任はこうした例を挙げて、戦略的新興産業は発展ペースが工業の平均成長ペースを大きく上回っていること、目下の経済の下振れ圧力を緩和するとともに新たな周期の経済成長に良好な促進作用をもたらすことを説明した。

 戦略的新興産業の発展の重点について、北京工商大学産業経済研究センターの周清傑主任は次のように話す。政府の誘導作用や支援作用を重視するだけでなく、どの産業の見通しが明るいか、ニーズが多いか、技術の発展が進んでいるかどうかなどを、市場の動きを踏まえて考えることがより重要になる。現在、太陽光発電産業の生産能力は過剰であり、ここから同産業のさらなる発展はクリーンエネルギー市場のニーズの一層の拡大や一層の安定にかかっていることがわかる。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古