2012年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:37 Jul 25 2012

各地で相次ぐ豪雨 関連商品・保険の売れ行き好調

 中国各地で豪雨が相次いでおり、都市の雨水排水システムのみならず、宅配会社やEコマース企業も大きなプレッシャーに直面している。「京東商城」、「凡客」、「当当網」などの大手ECサイトは24日、豪雨の影響により商品の到着が1-2日遅延すると発表した。

 また、悪天候に伴う事故も多発していることから、防水・サバイバルグッズなど関連商品の売れ行きが好調だ。データによると、通常時はほとんど人気の無い「車脱出用ハンマー」の売上が、豪雨後の22日以降、大幅に伸びたという。また、防水カーシートカバーなどにも注目が集まっている。広州日報が報じた。

 ▽商品の到着は軒並み2−3日遅れ

 Eコマース企業にとって、豪雨は関連商品の販売を促す一方、サプライチェーンの運用能力が試される機会とも言える。大手ECサイトは相次いで豪雨の影響による商品到着遅延を発表している。「当当網」は北京発送分の商品到着が1-2日遅れるほか、7月23日-26日の広州発送分の出版物も豪雨・台風の影響で到着が1-2日遅れるとした。

 独自の物流システムを有するアパレルECサイト「凡客」も、7月21日以降、広西・広東などへの商品到着が2-3日遅れると予告した。「京東商城」も23日-25日にかけ、海南、広東、福建、広西などへの商品配達が影響を受けるとした。

 これを受け業界関係者は「Eコマース企業はブランド建設を強化する一方で、サプライチェーンを軽視してはならない」と批評した。

 漢森世紀の黄剛副総経理はミニブログに「豪雨は、ネットショッピングサイトの特大セールと似ている。雨量はまるで、殺到する注文のよう--完全に予測不可能だ。下水道はまるで物流のよう--一瞬でマヒする。豪雨で被害を受けるのは国民、大セールに伴う配達網のマヒで被害を受けるのは顧客」とコメントしている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古