2012年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:44 Jul 26 2012

消費の二極化、ミドルエンド商品が低迷

 中国経済の成長の減速に伴い、安定成長がより重要な位置を占めるようになった。中国経済の成長を牽引する「3頭立ての馬車」(投資、消費、輸出)の輸出は、世界環境からの制限を受けるため、短期間内の改善は難しい。投資に対する依存度を高めすぎれば、一定の副作用が生じる。消費の刺激のみが、経済成長の良好な循環を実現できる。人民日報が伝えた。

 消費刺激で意見が一致したしても、「中国の消費の現状は?」、「中所得層・高所得層は何を消費しているのか?」、「どのような消費需要が満たされていないのか?」、「テレビや自動車の他に、政策によりどの商品の消費を促すべきか?」といった疑問が残される。

 中国の消費市場は二極化の様相を呈しており、携帯電話、衣料品、自動車、家具等の市場で、その兆しが見られる。

 消費者はより優れた、もしくはより低価格の消費を求めており、ミドルエンド商品の消費が低迷する恐れが生じている。

 天津市に在住する20代前半の李さんは、「去年の夏、自分の誕生日プレゼント用に、30数万元(約380万円以上)でアウディ・A4を購入した。またヨーロッパを半月間旅行し、シャネルのサングラス、ミドーの腕時計を購入した」と語った。李さんは消費の際に、ブランドにこだわるという。

 上海の企業に勤めて3年になる楊洋さんは、「就職の際に準備したスーツ、シャツ、革靴はブランド品だが、普段は大学生の頃に着用していたジーンズやTシャツを着ている」と語った。楊さんは消費の際、コストパフォーマンスを重視するという。ブランドを重視する場合もあれば、価格にこだわる場合もある。

 四川省巴中市在住の30数歳の李東さんは、「最大の支出は自炊で、1週間に2回肉料理を食べられればましな方だ。毎月の食費は400元(約5000円)以内に抑えられている」と述べた。李東さん夫妻は消費の際に節約にこだわり、常に価格を気にするという。

 上述した消費レベルの異なる3組は、高・中・低所得層を代表している。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古