2012年7月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:40 Jul 30 2012

北京豪雨、保険会社が対応に追われる

 豪雨が止み、太平洋財産保険の従業員と車両が被災地に駆けつけた。首都農業集団の延慶農場、昌平区南口果林公司、三元農業有限公司は、すでに見渡す限りの水に覆われていた。従業員は1分1秒を惜しむようにして、豪雨による被害を見積もった。次の豪雨が近づいていたのだ。

 7月21日、北京は今年最大の豪雨に見舞われた。保監会北京監管局の直近の統計データによると、7月23日24時現在、北京の各損害保険会社は2万7459件の適用申請を受け付け、補償額が総額で約2億2000万元(約27億5000万円)に達する見通しだ。財産保険の適用申請は1080件に達し、補償額が約2億元(約25億円)に達するとされている。農業保険に加入していた農家の被災面積は28万6000ムーに達し、1万3942頭の家畜に被害が生じ、これらの被害総額が計7180万9000元(約8億9760万円)に達する見通しだ。7月24日9時30分現在、北京の生命保険会社は19件の報告を受け、死者が14人、行方不明者が2人、重軽傷者が2人に達し、支払われる保険金額が193万6000元(約1295万円)に達することが確認された。

 ◆車検の被災地

 豪雨を受け、北京のディーラーに長蛇の列ができた。エンジンの浸水が主な理由だ。

 中国平安財産保険のデータによると、7月25日16時現在、同社は豪雨関連の車検の適用申請を8394件受け付け、補償額が約7000万元(約8億7500万円)に達した。財産保険は281件に達し、このうち75%の見積もりが完了し、補償額が約3000万元(3億7500万円)に達する見通しだ。豪雨の期間、平安車検は路上の無料救援を1867回実施し、延べ5477人の顧客を訪問し、専門的なサービスにより顧客に安心をもたらした。

 ◆生命保険各社の動向

 7月26日20時20分現在、今回の北京市の豪雨による死者が77人に増加した。各保険会社は緊急対応プランを実施し、顧客の調査を開始した。

 新華保険は当日中に臨時体制を敷き、サービスと補償の担当者を土日に出勤させ、被災した顧客の調査と慰問を行った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
ZH   2012-07-2860.10.59.*
保険というものはこのような時に限ってその役割を果たす事ができる。普段の皆はあまり気にしなくて、大丈夫と思い込んでいるけど、災害が来る時に後悔する。やはりいつまでも予防は一番だね。
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古