2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Aug 01 2012

海外資本の大量引き上げはなし 上半期

 国家外匯管理局がこのほど発表したデータによると、今年第2四半期(4-6月)の国際収支における経常収支は597億ドルの黒字だった一方、資本収支は714億ドルの赤字だった。上半期の経常収支は832億ドルの黒字、資本収支は203億ドルの赤字で、国際準備資産は629億ドル増加した。人民日報が報じた。

 資本収支が赤字になったことは、海外資本が中国から大量に引き揚げていることを示すものだろうか。同局関連部門の責任者によると、上半期には確かに一定の資本の流出があったが、これは外資の大規模かつ集中的な撤退とイコールではない。理論的にいえば、経常収支の黒字額が外貨準備の増加額を上回るということは、国内の機関・個人の資本が純輸出状態にあり、対外資産が増加していることを意味する。企業や個人の国境を越えた支払いや銀行の外貨建て取引・貸付を反映するその他の統計データによると、現在の外貨をめぐる情況の変化は、主に外貨資産の保有者が中央銀行から国内の機関・個人に移行し、現在は外貨が民間に蓄積される過程にあるからだといえる。海外資本が自ら引き上げをはかる様子はみられないという。

 同責任者は次のように指摘する。中国の経済成長は相対的に速く、財政状況は良好で、貨物貿易は黒字が続き、外貨準備の規模は大きい。その上、中国に投入される海外資本は変動の大きい証券投資ではなく、安定性の高い直接投資が中心であり、国境を越えた資本流動による衝撃に十分対応することができる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年8月1日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古