2012年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:22 Aug 01 2012

大陸部の富豪は102万人 1300人に一人

 胡潤(フージワーフ)研究院と群邑智庫が先月31日に共同で発表した「2012年胡潤富豪報告」は、現在の大陸部における富裕層の人数や地域分布の状況、消費習慣などを詳しく解析しており、それによると大陸部の富豪はこのほど初めて100万人を突破したという。この報告には、各地の高級住宅の軒数、過去3年間の高級自動車の販売台数、個人所得税の申告者数、企業の登録資本などの調査を参考にし、国家統計局が発表した最新の国内総生産(GDP)、国民総生産(GNP)などのデータを分析して作成された資産の分布地図が収められている。「揚子晩報」が伝えた。

 ▽億万長者は1300人に一人

 ▽億万長者は102万人 分布ベスト3は北京、広州、上海

 同報告によると、2011年末現在、大陸部の富豪は初めて100万人を突破して102万人となり、前年比6万人増加し、増加率は6.3%に達した。うち1億元(約12億円)以上の資産をもつ「1億元長者」は6万3500人に上り、前年比3500人増加し、増加率は5.8%だった。人口1300人につき富豪が一人いる計算になる。

 同報告は富豪の定義を、1千万元以上の資産をもつ個人としている。資産には、投資可能な資産、非上場株式、自らが居住する不動産、美術品が含まれる。

 北京市の富豪は前年比9千人増加して17万9千人、1億元長者は1万500人で、全国トップだった。広東省の富豪は16万7千人、1億万長者は9500人で、全国2位。上海市の富豪は14万人、1億元長者は8200人で、全国3位。一方、東北、南西、華中、北西の各地域における富裕層の分布率は16%にとどまった。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古