2012年8月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:13 Aug 06 2012

東風日産の業績が好調、中小都市に向け事業拡大

 全国乗用車市場情報聯席会のデータによると、東風日産の2012年上半期の販売台数が、前年同期比21.7%増の45万4798台に達し、増加率が業界平均の7%を大きく上回り、上半期の目標を達成した。「NISSAN」ブランドの販売台数は44万2075台、新ブランド「ヴェヌーシア(啓辰)」は発売からわずか2カ月で1万2723台の販売台数を記録した。国際金融報が伝えた。

 同社の任勇副総経理は、「国の刺激策が終了し、自動車市場全体の成長率が鈍化している。一部の企業はマイナス成長に転じており、競合の激化が伺える。しかし当社は業界平均の3倍の増加率を記録しており、増加率がトップ4社のうち2位となっている。環境がいかなる変化を見せようとも、当社は競合対象を絞った競合を推進し、潜在的な成長の機会を逃さない。当社は製品、ルート、マーケティング、人材育成等のイノベーションにより差別化を図り、競合に勝利する。当社は明日の変化のために備え、他社より半歩先んじる」と語った。

 ▽顧客のニーズに合う車

 同社は自動車メーカーの中で、製品を最も理解している企業の一つである。販売車種が最も多く、幅広い範囲をカバーしており、どの車種も細分化市場でトップクラスの売上を誇る。人々は製品そのものに魅力があると考えがちだが、好調な売れ行きの背後にある根本的な原因を見落としている。同社は設立より、「まずは顧客、次に製品」という理念に基づき消費の需要を探り、市場から価値を追求している。

 任副総経理は、「中国人消費者の需要は、満たされていない場合が多い。高品質を求めれば、価格で消費者を満足させることができない。低価格であれば、品質や安全性が犠牲にされる。当社は中国のコストで、海外の品質の車を生産している」と語った。同社はこのような価値の追求により、好調な業績を達成している。新ブランド「ヴェヌーシア」は発売からわずか2カ月で約1万3000台の販売を実現した。任副総経理は、「ヴェヌーシアは、顧客の需要をバロメータとする新時代を切り開いた」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古