2012年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:57 Aug 02 2012

北京-石家荘線開通 航空運賃わずか30元

近距離フライトのため、乗客の荷物は少ない

 航空運賃がわずか30元(約370円)と聞いて、多くの人は信じないだろう。30元では、北京で一度の食事も取れない。しかし、新しく開通した北京-石家荘線の航空券代は、確かに30元。空港税と燃油サーチャージを加えると、計130元(約1600円)となる。北京晩報が伝えた。

 この格安フライトの使用機材、サービスの質、乗客層、両都市間を行き来する顧客吸引の可能性などを確認するため、同紙記者がこの「史上最安」フライトに試乗した。

 使用機材は、ボーイング737-700型機。座席は、ファーストクラス8席とエコノミークラス124席。

 北京・石家荘間の飛行時間は40分あまりであることを記者は知っていたが、搭乗からの降機までの全プロセスは、思わず感動するほど「速い!」。

 離陸から10数分後、飛行機は穏やかに水平飛行に入った。2人の客室乗務員がゆっくりとワゴンを押しながら、乗客に軽食をサーブする。出されたのは、ミネラル・ウォーターの小瓶とナッツの子袋だった。機内中央部に座っていた筆者がそれらを受け取ったのは10分後で、食べ始めたと思ったら、機内アナウンスが聞こえてきた。「同機は着陸態勢に入ります。お使いになったテーブルを元の位置に御戻し下さい」というパーサーの美しく響く声と同時に、2人の客室乗務員がワゴンを押して足早に戻って行った。エコノミークラスの最後列に座っていた同僚は、まだ軽食を受け取っていなかった。後列2列の乗客にサーブする時間はなかったようだ。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古