2012年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:27 Aug 03 2012

中国のCPI上昇率が低下、7月は2%以下を予想

 中国国家統計局は来週木曜日、7月のCPI(消費者物価指数)およびPPI(生産者物価指数)を発表する。7月より一部の食品価格が上昇・低下しているが、全体的な価格は安定している。これに残存効果(今期の価格指数に対する、前期の商品価格上昇の影響) の低下が加わり、7月のCPI上昇率(前年同月比)が約1.7%となると予想されている。中国のCPI上昇率は6月に3%を切ったが、7月には2%以下となる見通しだ。新華網が伝えた。

 7月は夏野菜の販売の最盛期だが、各地で大雨が相次ぎ、野菜の生産と供給に影響している。これらの情勢を受け、一部の食品価格が小幅上昇している。中国商務部のモニタリングデータによると、7月の第1−3週のうち、食用農産物価格の小幅上昇は2週間、小幅低下は1週間となった。

 交通銀行金融研究センターの唐建偉・マクロ経済チーフアナリストは、「全体的に見て、食用農産物価格は安定化を維持する。7月の食品価格は、前月と同水準となるだろう。7月のCPI残存効果は6月より0.47ポイント低下した。ゆえに7月のCPI上昇率は約1.7%となるだろう」と予想した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古