2012年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:03 Aug 03 2012

高級車エンジンが初めて国産化へ BMWが瀋陽に工場

 ドイツBMWの中国合弁会社である華晨宝馬汽車有限公司は2日、遼寧省瀋陽市で新型エンジンのプロジェクトに調印した。BMWがその約100年の歴史の中で、欧州以外の場所にエンジン工場を建設するのはこれが初めてのケースになる。また中国に高級ブランド車のエンジン工場が建設されるのはこれが初めてのケースになる。これまで高級車メーカーの中国国産車種では、エンジンのほとんどを輸入に頼り、輸入したエンジン部品を国内で組み立てて生産を行っていた。「京華時報」が伝えた。

 同公司の全体計画によると、新エンジン工場の第一期計画は2013年に着工し、15年に生産をスタートし、年間20万台の生産を目指すという。既存のエンジン生産施設は将来的に新工場エリアに組み込まれる予定で、実現すれば同公司の中国でのエンジン生産能力は年間40万台に拡大する見込みだ。

 新エンジン工場の誕生により、エンジンの5大部品の中で最も重要な3つの部品--カムシャフト、クランクシャフト、連接棒が瀋陽で生産されるようになる。工場エリアの施設は、エンジンの組立、物流、クランクシャフトの生産ライン、事務の各機能をカバーするほか、性能テスト室、測定室、実験室、クリーン度測定実験室などの補助的機能もカバーすることになる。新エンジン工場は、現地メーカーと提携して中国でエンジンを生産するとしている。

 現在、中国は世界一の自動車消費国であり、生産国だ。自動車産業の発展にともない、自動車の心臓部分とされるエンジンの中国での生産能力が徐々に高まっている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古