2012年8月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Aug 07 2012

華為技術、日本市場での業績が好調

 華為技術(ファーウェイ)の日本での端末売上高は、2011年に前年比50%増の4億2000万ドル(約336億円)に達し、日本市場に進出した中国IT企業としては過去最高の業績を記録した。成都晩報が伝えた。

 このうち同社のデータカードとモバイルルーターは、2008年より4年連続で1位を維持しており、日本通信キャリアと消費者の間で好評を博している。同社は日本モバイルブロードバンド端末市場において、2011年まで4年連続でトップシェアに輝いている。また今年日本進出した同社の携帯電話「Ascend P1」は、発表と同時に注目を集めた。同製品は世界的なIT業界誌「PC World」から、CES10大スマートフォンの1位に選出された。同製品の厚さは7.9ミリ、重量は110グラムのみで、世界超薄型・超軽量型スマートフォンの記録を更新し、日本で脚光を浴びた。

 日本は電子通信端末機器の大国で、日本の消費者は製品の品質とデザインに厳しく、世界各国で最もお目が高いとされている。華為技術の端末は、なぜ日本市場で成功できたのか。その理由としてはまず、同社の技術力が挙げられる。同社は20数年間に渡り通信業界で改善を続け、通信技術を多角的に理解しており、コア技術を蓄積している。次に、同社は品質やデザイン等の面で、世界先進レベルに達している。ファーウェイ・ジャパンの閻力大社長は、「日本の通信キャリアは一つの製品をテストする際に、数千から数万の指標を設けている。日本の基準を満たす製品を作れば、世界のどこに行っても販売することができる」と指摘した。同社はまた、携帯電話事業に高い目標を掲げている。同社のスマートフォン市場におけるシェアは世界6位となっているが、これは最終的な目標ではない。同社は通信機器市場で3分の1のシェアを獲得する目標を掲げており、携帯電話事業でもアップル級のブランドを目指している。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古