2012年8月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 Aug 07 2012

バドミントンの林丹、中国の新たなCM王に (2)

 これまでは、卓球選手の王楠や郭晶晶のような、他を圧倒する強さを持つ五輪金メダリストのみが、巨額の富を築くスポーツ選手になり得ると思われていた。しかし各社にとって、有名スポーツ選手をイメージキャラクターとすることは、一種の賭けである。業界関係者によると、企業は五輪選手をイメージキャラクターとする場合、できる限り手付かずの選手を選ぶという。最低限の出費で最大限のビジネス価値を獲得するわけだ。

 この点において、大企業の先見性と敏感度には驚かされる。ナイキは姚明が10数歳の頃から目をつけていた。コカ・コーラはアテネ五輪前に劉翔と契約し、毎年の広告費は数十万元のみであった。

 成績と潜在力の他に、企業が考慮する要素は何か。中国ブランド研究院は北京五輪開催前に、「中国五輪金メダル価値報告」を発表した。50名のオリンピック金メダリストを対象に、3年間に渡る追跡調査を実施した結果、同研究院は興味深い現象に気づいた。重量挙げ、レスリング、柔道、射撃、カヤック、テコンドー等の金メダリストがイメージキャラクターに選ばれることは少なく、体操、飛び込み、卓球等の金メダリストが選ばれやすいというのだ。「中国の得意種目+良好なイメージ」が、イメージキャラクターの必要条件となっている。

 姚明と劉翔は、中国で最大の広告会社が集う上海の出身者だ。二人はまた選手生涯においてスキャンダルに巻き込まれたことがなく、慎み深く、メディアとの交流に長けている。林丹が新たなCM王となったのも、同様の理由によるものだ。林丹は2011年、さまざまな大会で優勝を果たしたスター選手で、無敵のイメージを形成していた。林丹は長年の恋愛を経て、2010年末にチームメイトの謝杏芳と結婚し、評判になった。

 中国バドミントン代表団はこれまで、イメージの向上に努めてきた。林丹が近年イメージキャラクターとなったブランドのうち、ジレット、グリーンアロー等の一部ブランドは選手個人と契約を結んでいたが、李寧、レッドブル、シトロエン等の多くのブランドは、チーム全体や企業と契約を結んでいた。李永波ヘッドコーチを含む多くの選手が共にテレビに登場し、五輪経済の恩恵を分かち合った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月7日



[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古