2012年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:02 Aug 08 2012

サムスン・LGのエアコン事業、中国市場から撤退か

 中国ブランドのエアコン製品からの攻勢を受け、外国ブランドの市場シェアが低下している。このうち韓国ブランドの販売不振が最も際立っている。7日の情報によると、LGのエアコン事業が中国市場から撤退し、実店舗およびオンラインを通じて販売されている同ブランド製品がほとんど見られなくなった。LGは本紙に対して同情報を否定しているが、業績の低迷は既成事実化している。サムスンも今年6月、エアコン事業の中国撤退が報じられた。韓国を代表する両社のエアコン製品は、中国の売り場からの撤去を迫られている。広州日報が伝えた。

 ◆LG製品の撤去

 サムスンのエアコン事業の中国撤退が報じられると、LGについても同じ情報が伝えられた。情報によると、家電小売大手の国美電器・大中電器・蘇寧電器はLG製のエアコンを取り扱っておらず、ネット通販大手の当当網・京東商城・アマゾン、および天猫(旧タオバオモール)のLG公式旗艦店でも、LG製のエアコンが販売されていない。LGの中国公式サイトが掲載する専売店リストにも、LG製のエアコンの取扱店が存在しない。LGのサービス担当者らは、「当社のエアコン事業は昨年、中国市場から撤退した」と述べた。

 LGの関係者は本紙に対して、「当社のエアコンは撤退しておらず、一部の市場で販売されている。天津市の蘇寧電器(4店舗)、常州および揚州市の五星電器(10店舗)で販売されており、北京市の望京地区にも専売店が1店舗ある。当社の製品(エアコンを含む)は、通常通りのアフターサービスを受けることができ、いかなる変更もない」と語った。

 しかし広大な中国市場において、LGのこの程度の販売網は、事実上市場撤退を意味する。LGもまた、eコマースを利用しエアコンを販売していないと認めている。

 一部メディアは今年6月、サムスンの蘇州工場(同社が中国で持つ唯一のエアコン生産工場)が閉鎖され、「サムスンのエアコン事業が、中国市場に別れを告げようとしている」と報じた。サムスンは本紙に対してこれを否定し、「当社はエアコンの生産ラインを停止しておらず、生産能力に変化はない」と回答した。しかしサムスン製のエアコンは、6月に発表された「恵民工程」(省エネ製品販売促進キャンペーン)の対象製品リストに入選しなかった。サムスン側は、「当社のエアコン戦略は今後、高級製品と業務用製品に特化する」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古