2012年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Aug 10 2012

朝鮮が中国企業の投資を誘致、共同で鉱山を開発

 朝鮮投資事務所のウェブサイトが9日公表した資料によると、同事務所は今年6月9日、北京宝源恒昌国際貿易有限公司と「朝鮮鉱山の協力開発プロジェクト」を締結した。参考消息報が伝えた。

 同事務所は、「北京宝源恒昌国際貿易有限公司の董事長(取締役会長)一行が朝鮮を視察に訪れ、金山1カ所と鉄鉱山2カ所の投資開発協力プロジェクトを確定した。すでに設備の設置が始まっており、すべてが順調に進められている」と表明した。

 同事務所は、朝鮮合営投資委員会が北京に設立した機関で、朝鮮が対外的に投資誘致を行うプラットフォームである。朝鮮が投資誘致に成功したのは、今回が初。

 現在までに、中国は朝鮮最大の銅山である惠山青年銅山に8億6000万ドルを投資し、51%の株式を取得している。また朝鮮咸鏡北道茂山鉱山の50年間の採掘権を獲得している。

 中国が朝鮮から輸入する鉱産物は、2008年の時点では248万トンであったが、2009年には373万3000トンに、2010年には479万9000トンに、2011年1−9月には842万トンに増加した。

 韓国IBK(中小企業銀行)経済研究所の曹奉鉉氏は、「朝鮮と中国の鉱山開発に関する契約締結は、今年は比較的少ない。金正恩政府もまた、鉱産資源を外貨獲得の手段としている」と指摘した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古