2012年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:26 Aug 16 2012

80年代生まれの中国人富豪、名門校の卒業生が減少

 資産総額が1億元(約12億5000万円)を超える富豪の出身校・専攻・学歴が気になる所だが、大学情報サイト「上大学網」の調査チームはこのほど、ウェブサイトを通じて資料を公開した。同チームは、近年のフォーブスや胡潤研究院等の富豪ランキングのデータをまとめ、「中国トップ100富豪の出身大学と専攻リスト」を作成した。華西都市報が伝えた。

 同リストによると、有名大学を出身校とする富豪が減少しており、多くの80年代生まれの富豪は無名校の出身となっている。大学での専攻と創業の関連性も高くない。業界別に見ると、IT業界の富豪数が増加している。

 ◆一般大学も「富豪のゆりかご」に

 有名大学の「富豪のゆりかご」としての影響力が低下している。同リストによると、60年代生まれ、70年代生まれの富豪の大多数は名門校出身だ。資産総額が64億元(約800億円)に達する新東方教育科技(集団)有限公司の創業者の兪敏洪氏は北京大学出身で、200億元(約2500億円)の資産を持つ巨人集団の創業者の史玉柱氏は浙江大学を卒業している。

 しかし80年代生まれの35名の富豪のうち、名門校の北京大学と清華大学の卒業者は一人もいない。河北工業大学、上海対外貿易学院、浙江理工大学、広西職業技術学院、九江学院、臨沂師範学院等の地方校の名前が頻繁に出現している。80年代生まれの35名の富豪のうち、重点大学以外の卒業生は17名に達する。

 四川省の大学においても、同様の傾向が見られる。同リストの60年代生まれの富豪のうち、海普瑞薬業股フン有限公司の創業者の李◆(◆は金へんに里)氏が四川大学出身で、その他の四川省の大学はランクインしなかった。しかし80年代生まれの富豪のうち、四川世伝置業の創業者の鄭雪敏氏は西華大学の卒業生で、四川大学を卒業した星漫科技の彭海涛氏、学爾思国際教育集団の張邦シン氏と共にランクインした。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古