2012年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:54 Aug 17 2012

3大ECサイトが価格戦争を展開、家電業界の利益を圧迫

>>>中国家電業界、新たな価格戦争を展開

 中国2番手のB2Cショッピングモール・京東商城の劉強東董事局主席兼CEOは14日、マイクロブログを通じて「大型家電3年間ゼロ利益」と称する販促計画の開始を宣言し、同社の全商品価格が国美電器、蘇寧電器のチェーン店を10%以上下回るとした。これに対して、蘇寧易購網、国美電器が応戦の構えを見せている。蘇寧易購網は、「当サイトの家電を含む全商品価格は京東を下回る。そうでなかった場合、2倍の差額を返還する」と称し、17日より約1700の実店舗の商品価格をオンラインと同等にし、京東に徹底抗戦した。混戦の中、熾烈なECサイト価格戦争が開始された。人民日報が伝えた。

 競合を激化させる各ECサイトは、「物価を4年前の水準に戻す」と宣言している。短期的に見ると、消費者が利益を得ることになる。価格比較サイト・一淘網の関連データによると、京東商城が価格を調整した商品数は計959種で、全体の6.0%を占めた。国美電器は全体の16.6%の計937種、蘇寧電器は全体の9.5%の計763種となった。激化するECサイトの価格戦争が、8月のネットショッピング平均価格指数の動向に影響するかについては、今後観察を続ける必要がある。

 蘇寧易購網の李斌執行副総裁は、「価格戦争は市場競争の永遠のテーマ。15日はその初日に過ぎず、今後さらなるサプライズがある」と語った。

 業界関係者は、「京東・国美・蘇寧等のECサイトには、出血サービスのみで大型家電市場を独占する能力はない。むしろ中国のEC業界に深刻なダメージを与えるだろう。また激化するECサイト間の価格戦争は、同業界の単一的なビジネス方式・利益獲得方式を露呈している。シェア拡大に向け、各サイトはこのような短期的な手段を用い、競争力やサービス水準の向上をないがしろにしている」と指摘した。

 行き過ぎた価格戦争は、家電業界の持続的・健康的な発展に対して、不利な影響をもたらす。ある家電メーカーの関係者は、「メーカー側は今回の価格戦争を静観している。メーカー側の利益率は低く、ECサイトがさらに値下げを続けるならば、破産に追い込まれる可能性もある」と述べた。

 消費者もまた、理性的に動向を見守る必要がある。短期的な大幅値下げにより、盲目的に商品を購入することで、消費需要が事前に疲弊することを防ぐべきだ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年8月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古