2012年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Aug 17 2012

韓国の代表的企業 時価総額で日本を抜く (2)

 石油産業では、SKイノベーションの時価総額は15兆5340億ウォンで、今年に入ってから日本のJXホールディングスの15兆700億ウォンをやや上回った。

 鉄鋼産業では、ポスコの時価総額が日本の新日本製鐵を大幅に上回り、造船産業では、現代重工業が2010年に日本の三菱重工を抜いて以来、3年連続で日本を上回っている。

 その一方、自動車、化学工業、インターネット、ゲーム、メディア・広告、タイヤ、通信設備、外食、製薬などの各産業では、韓国企業の時価総額は日本企業に及ばない。ただ両者の差は徐々に縮まっている。

 日本の本田技研工業(ホンダ)とトヨタ自動車の時価総額は2009年末時点より減少したが、同じ時期に韓国のヒュンダイの時価総額は2倍に、起亜自動車は4倍に増加している。

 具体的な数字をみると、この時期にトヨタの時価総額は168兆6930億ウォンから157兆9100億ウォンに減少し、ホンダは71兆9310億ウォンから65兆3730億ウォンに減少した。一方、ヒュンダイの時価総額は26兆6530億ウォンから54兆4080億ウォンに増加し、起亜自動車は7兆7730億ウォンから31兆9420億ウォンに増加した。

 サムスン経済研究所の鄭鎬成主席研究員によると、韓国企業と日本企業の時価総額の変化から、両国の全体的な経済情勢をうかがうことができるという。

 また鄭主席研究員によると、現在、日本企業に対する予測は悲観的なもので、韓国企業の成長は急速だが、こうした情況はいつでも変化する可能性がある。このため韓国企業には基礎固めをし、世界を牽引する新製品を生み出すことが必要になるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年8月17日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古