2012年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:56 Aug 17 2012

贅沢品消費による内需拡大、中国ブランドの育成が必須

 高級ブランドの化粧品・衣料品・腕時計、また高級車・ヨット・プライベートジェットはこれまで高嶺の花であったが、今や中国人の生活に足を踏み入れつつある。中国経済は30年間に渡る高度成長を実現し、人々の基本的な需要を満たしており、より高い品質の贅沢品消費は必然的な流れだ。しかし中国人が毎年購入する贅沢品の半数以上は、海外市場の商品となっている。中国は現在、内需拡大の重要な時期に差し掛かっている。いかに国内で贅沢品を消費させ、中国独自の贅沢品ブランドを育成するか、これは中国が現段階で検討すべき問題である。人民日報海外版が伝えた。

 ◆海外で贅沢品を買い漁る中国人

 中国社会科学院財経戦略研究院の依紹華副研究員は、「経済成長と所得水準の向上に伴い、商品の性質に変化が生じている。現在の人々の日用品に対する需要は、すでに基本的な使用機能のみでは満たされない。生活の品質、ブランド価値、社会的ステータス等の付加価値を持つ贅沢品が人気を集めている。かつて手の届かなかった贅沢品が、今や多くの人々の日用品になっており、今日の贅沢品が明日の必需品となる可能性もある。贅沢品が必需品に変わることは、経済水準・生活福利の向上を示している」と指摘した。

 しかしこれほど多くの贅沢品消費者は、なぜ海外での消費に傾いているのか。ロンドン五輪開催期間、英メディアは「チャイナマネー」という名詞を用い、中国人観光客の贅沢品消費能力の高さに驚嘆した。依氏は、「中国の贅沢品価格は海外より高めで、欧米および香港・マカオを30−40%上回る。そのため多くの中国人が、海外での贅沢品の大量購入を選択している。中国人の海外における贅沢品消費は、毎年世界一となっている」と述べた。

 中国経済は「安定成長」を実現しているが、国内の贅沢品消費市場は消費者を引きつけていない。消費者は割安な海外市場での消費を選択している。これは内需拡大のみならず、贅沢品産業の中国への移転を妨げており、中国贅沢品ブランドの樹立と発展も不利な影響を受けるだろう。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古