2012年8月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:27 Aug 21 2012

中国、EU産ワインに反ダンピングと反補助金の調査

 中国酒造企業協会葡萄酒分会の王祖明事務局長は20日、欧州連合(EU)から輸入するワインに対して反ダンピングと反補助金の調査を行うよう中国商務省に求めていることを明らかにした。

 EUは世界最大のワインの生産地で、世界の生産量の69%を占めている。王事務局長はこれについて「過剰に生産されているワインは低い価格で大量に中国に売り出されている。これには、明らかに中国市場を占拠しようとする狙いがある。また、EUはワインの製造業に多額な補助金を出しており、これによって中国産ワインは販売競争で極めて不利な状況に陥っている」と指摘した。

 王事務局長によると、ここ数年、EUからのワインの輸入量は急激に増えており、2008年から2011年までの年平均伸び率は67%以上に上っていることから、ほとんどの中国のワイン製造企業は強い衝撃を受け、経営の実績やシェアの下落が深刻化している。

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年8月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古