2012年8月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:23 Aug 22 2012

中国の貨物貿易、年平均21%増

 国家統計局は21日に報告書を発表し、2003年から2011年までの中国の貨物貿易は年平均21.7%伸びてきたことを明らかにした。

 また、2011年の貨物貿易総額は世界2位となり、3年連続で、世界最大の輸出国と2番目の輸入国になっていることも分かった。

 この報告書によると、輸出入の品目構造も改善され、貿易の均衡化が推進されている。貿易黒字額では2008年の2981億ドルという最高記録から徐々に減り、貿易差額の輸出入総額における割合も、2002年は10.1%だったが、2011年には4.3%にまで下がった。

 この報告書はさらに、中国の対外開放はこれまでの輸出と外資導入を中心にするという状況が、輸出と輸入、それに外資導入と対外投資を両立させるという新しい状況にに変わってきており、これに合わせて、より積極的な戦略を実施し、制度やメカニズムの健全化を図ることを強調した。

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年8月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古