2012年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:23 Aug 23 2012

省都26都市の平均給与 トップは広州 (2)

 ▽給与は東高西低 所得分配改革が必要

 26都市の給与をみると、上位には東部の都市が多く並び、全体として東高西低の様相を呈した。さきに国家統計局が発表したデータをみても、11年の非民間機関の平均給与は東部、西部、中部、北東部の順に低くなっており、東部の平均給与は4万8493元、西部は3万7923元、中部は3万6558元、北東部は3万6千元となっている。

 これについて国家統計局人口・就業統計司の馮乃林司長は11年の平均給与データを説明する中で次のように述べた。11年の平均給与は急速な伸びを維持したが、地域間格差、産業間格差、機関間の格差が引き続き存在している。給与の伸びに対する受け止め方は人によって異なり、所得分配制度の改革を深化させ、所得格差の拡大傾向をくい止めるために努力することは、巨大で困難な任務だといえる。

 馮司長によると、所得分配構造を積極的に調整し、より整った給与制度をうち立て、給与が正常に上昇するメカニズムを構築し、中・低所得層の給与収入の引き上げに力を入れる必要がある。また所得分配の問題に長年取り組んでいる中国社会科学院(社会科学アカデミー)人口・労働経済研究所の張車偉副署長が評論サイト「半月談」の取材に応える中で述べたところによると、所得分配構造の調整の難しさは利益をめぐる局面の変化に関わるところにある。中央政府は所得分配の格差の調整を非常に重視し、これに力を注いでおり、所得分配改革に対しては信頼感を抱いてよい。温家宝総理の談話によれば、所得分配改革プランが年内も発表される見込みで、すでに議事日程に組み込まれているという。これは大いに期待できる動きだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年8月23日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古