2012年8月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:15 Aug 29 2012

日本の輸出が大打撃 中国市場に望み託す (2)

 ▽欧州債務危機の余波

 データによると、日本の7月の輸出額は前年同期比8.1%減の5兆3100億円に留まり、経済学者の予想の中央値(2.9%減)を大きく下回った。中でも、対EU輸出は前年同月比25.1%減と大幅減少し、2009年10月以来最大の下げ幅となった。対EU貿易赤字も高位を記録した。

 国務院発展研究センター・対外経済研究部の趙晋平副部長は、「欧州債務危機の持続的な悪化の影響を受け、世界経済の回復ペースは鈍化している。中国を含む各国で需要が減少し、日本のような輸出志向型の国は必然的に大きな打撃を受けている」と語る。

 特に注目すべきは、日本の対中国輸出も7月に11.9%減と大きく減少したことだ。うち、重機用エンジンなど 原動機が45.8%減、半導体等電子部品が17.2%減、自動車部品も14.9%減少となった。

 対外経済貿易大学国際貿易学院の趙忠秀院長は、「日本が中国に輸出しているのは主に半製品であり、中国で再加工した後、米国などに輸出されるものだ。中国の貿易鈍化が深刻化している今、日本製品への需要が減少したのも想定内と言える」と語る。

 日中管理学院の李克院長は、「米国の経済回復が遅れており、円高ドル安が続いている。これは日本の輸出にとって相当不利な要素となる」と指摘した。

 趙晋平副部長は「日本は現在、震災後の再建段階にあり、生産手段などの需要は引き続き存在するため、輸入は今後も増加するだろう。一方、輸出は世界経済の衰退による需要の疲弊により、短期的な回復は難しい」との見方を示した。

 ▽望みを中国へ託す

 専門家は国際的な要素よりも日本国内の要素に注目している。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古