2012年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:53 Aug 30 2012

世界の穀物価格上昇 中国への影響は限定的 (2)

 ▽穀物価格は影響を受けない

 中国農業銀行戦略計画部がまとめた研究報告によると、国際市場での穀物価格上昇が中国の一部の穀物価格を小幅に変動させる可能性があるが、中国は小麦や米といった国民が食べる穀物の自給率が95%に達しており、十分な備蓄もあり、供給量が全体として大幅に減少することはあり得ない。このため小麦や大豆などの価格が高騰する可能性は低いという。

 中国では飼料用の大豆や豆かすなどの輸入量が多いため、海外での大豆やトウモロコシの生産減少は国内の飼料価格や植物油原料の価格上昇につながることに注意が必要だ。徐副教授によると、これらの原料コストが上昇すれば、植物油価格の上昇につながる。また豆かす価格の上昇幅が大きくなる。豆かすは中国で最も重要な飼料の一つであり、その価格上昇はひいてはブタ肉価格に圧力を与えるという。

 だが国家糧食局の聶振邦・元局長によると、中国は大豆と植物油の対外依存度が高く、輸入型のインフレが国内価格の上昇をもたらし、その他の輸入穀物にも一定の影響を与えるとみられるが、中国では消費に占める食品の割合が徐々に低下しており、こうした価格上昇が消費者物価指数(CPI)に与える影響はそれほど大きくないという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年8月30日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古