2012年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:37 Aug 31 2012

中国とドイツ、ユーロ圏国債の投資継続など確認

 中国の温家宝総理は30日、中国を訪問しているドイツのメルケル首相と会談した際、「リスク防止を念頭に入れることを前提にし、ユーロ圏の国債市場への投資を続けたい。欧州連合(EU)や欧州中央銀行、国際通貨基金(IMF)および主要各国との連携を強化し、ユーロ圏の重債務国が困難を克服できるよう支援したい」と述べた。

 温総理はまた「欧州債務問題を解決するには、関係国が自身の改革を行う決意と効果にかかわり、同時にドイツ、フランスなどの大国やEU、欧州中央銀行、IMFが行動を取る意欲とタイミングにもかかわっている」と述べたうえで、「欧州が財政緊縮と景気刺激との間からバランスの取れたものを見出すことを期待したい。これは根本的な活路である。鍵となるのは自信だ」と強調した。

 同日北京で発表された第2回中国ドイツ政府間協議共同声明では、再生可能なエネルギーの戦略的パートナー関係を構築することをあきらかにした。双方はまた、先端製造業の協力や中国・ドイツ経済諮問委員会の設立、海洋・極地協力の拡大、「中国・ドイツ言語年」の開催などで合意した。

 全国人民代表大会(全人代)常務委員会の呉邦国委員長、習近平国家副主席、李克強副総理らも同日、それぞれメルケル首相と会談し、全人代とドイツ連邦議会の協力や青年交流、メディア交流などを強化することを確認しあった。

 「中国国際放送局日本語版」より 2012年8月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古