2012年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 Aug 31 2012

中国経済の減速、合理的な調整の範囲内に

 今年に入って以降、中国経済の関連データが予想を下回るたびに、一部のアナリストは過敏な反応を見せている。彼らは中国経済の先行きを不安視し、「ハードランディング」を懸念しており、中国が世界経済を衰退に陥らせるとする妄言も聞かれるほどだ。彼らは中国経済における一部の現象やデータを単純に羅列し、悲観的な結論を導き出しているのだ。これは中国経済の基本面を理解していないか、本国経済が一時的に苦境を脱することができないための、苦しい言い訳に過ぎない。人民日報が伝えた。

 中国経済は過去30年間、平均11%の高い成長率を維持し、経済史の奇跡を成し遂げた。いかなる経済国も長期的な高度成長後、経済発展方式の調整とバランス調整という過程を経て、数の重視から経済成長の質と持続可能な成長の重視に変化する。この過程において、一定の経済成長減速は避けられない。世界はこの点を理解する必要がある。それに中国を除くBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)やその他の主な経済国と比較した場合、中国経済の成長率が予想通りの7.5%に達すれば、依然として高度成長率を維持したと言えるのだ。多くの世界的な調査機関は、中国経済に対する期待から世界経済を楽観視しており、「中国経済は依然として世界経済の重要な成長源だ」としている。英国のコラムニストのメーティン・ウルフ氏は、「中国経済はよりバランス良い成長の方向に向かい変化しているが、これは世界の利益に大きく関わってくる」と指摘した。

 海外は中国経済のデータに注目しており、中国経済の世界における地位が高まっている。欧米経済の先行き不透明という状況下、世界経済の成長に対する中国の貢献が期待されているのだ。世界的な金融危機の発生後、中国は世界経済の成長に対して、大きな貢献を成し遂げた。確かに、中国経済の海外に対する依存度は高いため、欧州債務危機の持続、米国経済の回復の遅れが、中国の経済成長を制限する外的要因となっている。しかし欧米各国が債務危機や財政破綻の苦境に立たされ、政府も経済支援に対して手をこまねいている状況と比較し、中国は財政面が堅固で、財政赤字も安定している。またインフレ率も大幅に低下しており、政府が将来的にマクロ調整政策を実施する余地が大きく残されている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古