2012年9月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 Sep 03 2012

中国のエネルギー消費量が世界2位に

 中国エネルギー研究会は9月1日、北京で「2012中国エネルギー発展報告」を発表した。中国および米国の発表した統計データによると、中国のエネルギー消費量は常に米国を下回り続けており、現在も2位にとどまっている。京華時報が伝えた。

 世界各国の各統計機関は近年、異なる統計方法により異なる結論を導き出している。このうち国際エネルギー機関(IEA)の統計データによると、中国は2009年に米国を抜き、世界一のエネルギー消費国となった。イギリスの石油会社・BP(ブリティッシュ・ペトロリアム)の統計データによると、中国は2010年に米国を抜き、世界一のエネルギー消費国となった。しかし「2012中国エネルギー発展報告」は、「中国および米国の発表した統計データによると、中国のエネルギー消費量は常に米国を下回り続けており、現在も2位にとどまっている」とまとめた。

 同報告によると、2011年の中国のエネルギー消費量は標準石炭換算で34億7800万トン分に達し、前年比7%増となった。米国が2010年の水準(35億2800万トン分)を維持していたとしても、中国は米国を下回る計算だ。

 同報告によると、中国の1人当たりエネルギー消費量は2.59トン標準炭で、世界平均水準に達したに過ぎない。中国のエネルギー消費量は、世界の一次エネルギー消費量の20%を占めるが、中国の人口は世界の20%弱を占めている。ゆえに中国の1人当たりエネルギー消費量は、米国、日本、韓国等の各国を下回る。

 中国の石油の対外依存度が56.6%に上昇したことが注目を集めているが、全体的に見れば、中国のエネルギー自給率は90.5%に達しており、2010年から0.86ポイントしか減少していない。これは中国のエネルギー消費が、主に石炭を中心としているためだ。中国は石炭生産の大国でもある。

 同報告の編集委員会の顧問は中国国務院の曾培炎元副首相で、中国国家電力管理監督委員会の柴松岳元主席が主任に、中国国家発展改革委員会エネルギー研究所の周大地元所長が副主任に就任している。同委員会の委員には、中国3大石油会社、5大電力集団等の副総経理以上の役員が含まれる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月3日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古