2012年9月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:38 Sep 04 2012

中国の中小企業、平均寿命はわずか2.5年

 中小企業は中国経済の支柱となっているが、その平均寿命は短い。このほど実施された、「中国中小企業人力資源管理白書」の調査によると、中国の中小企業の平均寿命はわずか2.5年であることがわかった。北京晩報が伝えた。

 ◆平均寿命は2.5年

 CHINA HRKEY研究センターの調査によると、中国で登記されている中小企業数は1000万社を超えており、登記されている企業全体の9割を占めている。中小企業の工業総生産額は企業全体の約60%、利税総額(利益と税の総額)は約40%を占めている。中小企業はまた、都市部の75%の雇用機会を創出している。近年、全国の毎年約1500億ドルの輸出額のうち、中小企業が約60%を占めている。中小企業は現在、中国経済の中心的存在となっている。

 中国企業の平均寿命は短く、統計によるとわずか2.5年となっている。グループ企業の平均寿命は7−8年で、欧米企業の40年の平均寿命と比べると、大きな開きがある。中国企業は数が多いが、その寿命は短く、「1年目に企業を設立し、2年目に富を築き、3年目に倒産する」という道をたどっており、実力をつけられる企業は数えるほどだ。

 ◆平均従業員数は13人

 中小企業1158万社の平均従業員数はわずか13人だ。8割弱の中小企業の経営者は20−40歳で、経営者の50%以上は専門学校卒業以上の学歴を持っている。調査によると、従業員数の少なさは、中小企業の発展の不足を反映している。中小企業は本来ならば最大の就職先であるはずだが、実際には狭き門となっており、就職問題が深刻化している。農村部の余剰労働力の移動、都市部の雇用機会(再就職も含まれる)の創出は、主に中小企業の数的な大規模発展により実現される。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古