2012年9月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 Sep 05 2012

ロシアの極東開発めぐる中日の駆け引きが激化か

APEC首脳会議の会場があるウラジオストク沖の島には、安全を保障するための軍事施設が建設された。同島はウラジオストクが管轄する島で、面積は97.6平方キロメートル。かつては軍事施設があり、関係者以外の入域が禁じられていた。現地では今会議のために2008年から工事を開始し、海上大橋や設備の整った近代的な建築物などが建設された。会議後、ここはロシア極東連邦大学のキャンパスとなる予定。

 ウラジオストクはモスクワから9200キロ離れたロシアの極東に位置する重要な都市だ。9月8日と9日、ロシアが議長国を務めるアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議がここで開催される。

 会議のテーマは「発展の課題」。議題には「貿易と投資の自由化、地域経済の一体化」、「食糧安全保障の強化」、「アジア太平洋地区における輸送・物流能力のさらなる強化」、「ロシアないしはアジア太平洋地域による各分野での交流・協力に向けた革新的理念」等が含まれる。中国青年報が報じた。

 ▽ロシアのWTO加盟と極東開発、大きなビジネスチャンスが到来

 ロシアは今回の首脳会議で達成したい目標と強い希望をはっきりと示している。それは、ロシア東部経済の発展戦略を推進し、同地域における国際協力の見通しを示し、自国のアジア太平洋地域における影響力を拡大し、当該地域秩序の将来の動向をリードすることだ。

 ロシアの隣国である中国と日本は、ロシア東部地区ないしはロシア全体が、経済関係の発展にとって好条件の地となることを望んでいる。しかし、ロシアは上述のような意図を持っている上に、中日のロシアに対するニーズは一部重なることから、対ロ経済関係の発展をめぐる中日の駆け引きは避けられない。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古