2012年9月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:29 Sep 05 2012

NECがレノボ株を売却、財務基盤を強化

 NECは保有するレノボ株をすべて売却する方針を決めた。東方早報が伝えた。

 新華海外財経が9月4日に公表した契約細則によると、NECは保有する聯想(レノボ)株2億8110万株(2億3500万ドル=約183億3000万円相当)を売却する予定だ。

 レノボは4日時点で、同取引に対しコメントを発表していない。

 NECはレノボの日本市場における提携先だ。双方は昨年1月に日本市場で合弁会社の設立を宣言し、レノボとNECの日本パソコン事業推進を目的とした。レノボは同合弁会社の51%の株式を、NECは49%の株式を取得した。

 レノボは当時新株発行により、NECに対して1億7500万ドル(約136億5000万円)の新株を譲渡した。1株当たりの株価は4.85香港ドルで、計2億8110万株に達した。

 このほど公表された契約細則によると、NECの今回のレノボ保有株売却額のレンジは6.30−6.50香港ドルとされた。レノボ株の株価は9月4日の取引終了時点で6.62香港ドルとなっており、これを1.8−4.8%下回る価格となる。同取引は、クレディ・スイスが担当する。

 保有資産の現金化を選択したNECは、苦しい経営を強いられている。NECは2011年に1000億円の赤字を計上し、今年年初も世界全体で1万人の従業員を削減すると発表した。

 レノボが8月末に発表した情報によると、NECのパソコン事業売却から1年後、レノボの日本パソコン市場におけるシェアは、東芝やソニーなどの現地ブランドを追い越し、25.4%で1位となった。これは前年の双方による23.6%のシェアを上回る数値だ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古