2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:12 Sep 06 2012

エアバス:中国が世界最大の航空市場に

 エアバス社はロンドンで4日、「2012−2031年のグローバル市場の見通し」を発表し、約20年後に中国国内の航空旅客数が米国を上回り、世界最大の国内航空市場となると予想した。新華網が伝えた。

 同報告書によると、旺盛な需要によるけん引を受け、今後20年間の世界航空市場において、座席数100席以上の航空機が2万7350機必要となる。世界の航空旅客数は今後20年間、年間平均4.7%の増加率を維持する。同期間中、1万350機の航空機が退役し、燃費の良い新型機がこれに代わる。2031年の世界の就航中の旅客機数は、現在の1万5550機から3万2550機に増加する。

 エアバス社は、「中産階級の人口増、都市化の加速が、世界航空旅客数の増加の主因」と指摘した。今後20年間で、世界の中産階級は50億人に倍増する見通しだ。2031年になると、世界の大都市数も倍増し、92都市に達する。世界航空輸送量の90%以上は、これらの大都市間に集中する。

 エアバス社のジョン・リーヒー顧客担当COOは、「今後20年間、世界の航空輸送量は絶えず増加するが、世界の航空輸送量ランキングによると、トップ4はすべて国内航空市場となっている。2031年、航空輸送量が最大の主要国内航空市場には、米国・中国・西欧・インドが含まれ、世界航空輸送量の3分の1を占めると見られる。約20年後、中国の国内航空市場の航空旅客数は米国を上回り、世界一の航空旅客市場となる」と分析した。

 エアバス社はまた、「今後20年間で、新興国の航空輸送量の成長が、全体の成長の過半数を占める」とした。地域別に見ると、アジア太平洋地域で新たに増加する航空機の需要は、世界全体の35%を占める。欧州と北米の需要がこれに続き、それぞれ21%を占める。

 昨年発表された報告書の中で、エアバス社は中国航空市場が7.2%の年間平均成長率を維持すると予想していた。同社は今年、中国市場に対する予想を上方修正した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月5日


中国で相次ぐ日本車のリコール、人気SUVが対象に

サムスン、アップルに日本で一矢 4Gで巻き返しか

日系高級百貨店が中国に進出、前途を不安視する声も

ロシアの極東開発めぐる中日の駆け引きが激化か

経済低迷で離婚率上昇 住宅ローンが最大の元凶

日本の中古ブランド品店が香港に初出店

宝くじ25周年 生まれた雇用は40万人

米国債総発行額が16兆ドル突破、最大の保有者は?

中国企業500社番付 利益率低迷はなぜ?

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古