2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:30 Sep 06 2012

外資系銀行、中国経済の先行きを不安視

 5日に発表された中国8月HSBCサービス業PMIは52となり、12カ月ぶりの低水準となった。工業・信息化部(工業と情報化省)、中国社会科学院工業経済研究所が同日発表した「2012年中国工業経済運行上半期報告」は、今年の中国工業生産高の増加率は2011年の13.9%から10.0%に低下すると予想した。中国新聞社が伝えた。

 これらの最新の経済データを受け、外資系銀行は中国経済の先行きに対する懸念を深めている。しかしシンガポールのDBS銀行が発表した研究報告書は、「中国経済の成長減速は、予め計画されていた政策による結果であり、かつ中国はこれまで正しい政策決定を続けてきた」と指摘した。

 「懸念派」の代表であるオーストラリア・ニュージーランド銀行は、「中国がこれまで実施してきた金準備率引き下げと利下げ、および債権買い戻し等の措置は、経済に対する自信を回復させるに至っていない」とした。

 同行は、「中国の第3・4四半期の景気は予想を下回り、景気回復が遅れる」と予想し、中国の今年のGDP成長率に対する予測を、これまでの8.2%から7.8%に引き下げた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古