2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:59 Sep 06 2012

ネット代理購入は密輸? 元CAに懲役11年

 化粧品を国内に持ち込んで100万元を超える税金逃れをした人がこのほど、一審の裁判で懲役11年の判決を受けた。「人民日報」が伝えた。

 北京市第二中級人民法院(地裁に相当)が5日明らかにしたところによると、同法院はこのたび元キャビンアテンダント(CA)の化粧品密輸事件を審理した。

 李被告は韓国の免税店で購入した化粧品を大量に携行し、入国に際して申告を行なわず、税関で納めるべき輸入間接税約113万元の支払いを逃れた。同法院は3日、一般貨物密輸罪で李被告に有期懲役11年の判決を下し、罰金50万元の支払いを命じた。

 この判決を受けて、インターネットの世界では量刑が重すぎるといった声や、李被告が代理購入のために化粧品を買っていたことから、「そもそも代理購入って密輸なの?」といった声が上がっている。

 あるネット利用者はミニブログの中で、「11年?重すぎないか?」と発信し、理解できないとの見方を示した。

 あるサイトのミニブログでは、今回の判決をめぐって熱い議論が繰り広げられている。「トップニュース」という名前のミニブログのアカウントがこの事件について発信すると、転送数は20万回を超えた。あるネット利用者は判決に賛成だといい、「悪を罰して他者への戒めとする」ものだと評価するが、多くの人は驚きを示し、「量刑が重すぎる」との見方を示す。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古