2012年9月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:28 Sep 06 2012

競争力番付 中国、7年ぶり後退 市場環境整備が課題

 世界経済フォーラムは5日、「2012−2013年国際競争力指数」を発表した。スイスは4年連続で1位となり、世界で最も競争力のある国となった。アジア勢では、シンガポールが2位、香港が9位、日本が10位に入選した。中国は29位に後退し、2005年以来初のランクダウンとなった。北京商報が伝えた。

 ランクダウンは、中国の競争力に問題が生じたと決め付けるものではない。より長い歴史的な角度から見ると、中国の競争力は安定的に強化されている。しかし同ランキングを見ると、中国の競争力はまだ高める余地が残されている。

 競争力は何によって分析されるのだろうか。同指数は競争力の定義を、「国の生産性を決める制度・政策・影響要素」としている。中国の競争力は、企業のイノベーション、国民の文明程度、制度環境全体の改善によるものである。

 改革開放は中国の制度面の優位であり、政府から国民に至るまでの、社会的な共通認識となっている。この共通認識を持ち、中国人は一致団結して前進している。改革開放が中国の制度改革を促し、政府の権力が市場・社会・個人から離れ、市場経済に基づく経済体制を構築した。これにより民間の活力が引き出され、民間企業が力をつけ、経済が活気づいた。改革開放はWTO加盟により飛躍を実現した。WTO加盟時の公約により、WTOの規則に合致しない中国の法律・政策が大幅な改正を強いられたため、新世紀の中国経済発展の「黄金の10年」が訪れた。これにより、中国の競争力が絶えず高められている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古