2012年9月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 Sep 07 2012

芸術品市場の取引総額、中国が世界一に

 6日開催された「2012中国芸術品産業博覧会」発表会で明らかになったところによると、2011年の中国芸術品市場の取引総額は2108億元(約2兆6350億円)に達し、世界芸術品市場の30%のシェアを占め、世界一となった。中国は世界で最も活気あふれる芸術品市場となった。光明日報が伝えた。

 欧州美術博覧会(The European Fine Art Fair)が発表した、「2011年世界芸術品市場すう勢報告」によると、2011年の世界芸術品市場の取引総額は461億ユーロに達した。このうち中国は138億ユーロで世界一となり、その発言権と影響力が急速に高まっている。

 北京市文化局の関宇副局長は、「2011年、北京の芸術品市場の取引総額は1260億元(約1兆5750億円)に達し、全国の60%を占めた。北京はロンドンや香港と並び称される、世界で最も重要な芸術品市場の一つとなった」と語った。

 中国文化部と北京市政府が共催する「2012中国芸術品産業博覧会」は、9月26日から10月2日にかけて、北京市で開催される。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古