2012年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:22 Sep 10 2012

上半期、日本企業の対中投資が増加へ

 2012年上半期、日本の対中投資が穏やかな成長を保ち、実質投資総額は40.7億ドルに達し、前年同期比16.7%増となった。

 全国政協経済委員会の張志剛副主任は「2011年、中日貿易はヨーロッパ債務危機および東日本大震災の二重の打撃を受けたが、通年の貿易総額は3428.9億ドルに達し、前年同期比15.1%増となり、過去の記録を更新した。「日本における最大の貿易パートナーと最大の輸出市場としての中国の地位はより強固なものとなり、中日間の貿易総額は日本の貿易総額の20.6%を占めている」と指摘した。

 また、2011年、日本の中国に対する投資も新たなピークを迎えた。実際に投下された資金は63.3億ドルに達し、前年同期に比べ、55.1%の大幅増加となった。

 2012年6月末時点で、日本の対中投資の直接投資額はのべ839.7億ドルに達し、中国の国別外資導入実際利用額のトップとなった。

 「東方ネット日本語版」より 2012年9月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古