2012年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 Sep 10 2012

外資系宅配便大手の進出、中国宅配便業界で再編が生じるか

 宅配便業界の成長率はeコマース業界を大きく下回っており、クレーム率が依然として高く、「速達」が「遅達」になることが普遍的だ。これはまた、各ECサイトが大金を投じ、独自の物流網を構築する主因の一つでもある。国際金融報が伝えた。

 外資系宅配便大手のフェデックスとUPSは申請から3カ月間を経て、ついに中国国内の宅配便営業許可証を獲得した。中国国家郵政局は9月7日、フェデックス(中国)有限公司、UPS包裹運送(広東)有限公司に対して、中国国内の宅配便業務の経営資格を与えた。

 中国宅配便業界では現在、外資企業の進出、ECサイトの参入が進められている。アナリストは、「中国の宅配便業者は力を蓄える必要がある。同業界の新たな再編が近づいている」と警鐘を鳴らした。


[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古