2012年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:26 Sep 10 2012

世界投資報告書が発表、中国が世界2位の投資受入国に

 2012年度の「世界投資報告書」(中国語版)が9日、アモイで対外的に発表され、中国が再び世界2位の投資受入国となった。同報告書は、「世界の投資額はすでに金融危機発生前の平均水準を上回ったが、依然として2007年の水準を下回っている。今年の投資成長率は低下する可能性がある」とまとめた。中国新聞社が伝えた。

 同報告書は、「中国は依然として世界2位の投資受入国の座を維持したが、対外直接投資額がやや減少した。中国が今年受け入れる直接投資額が大幅に増加することはないだろう」とまとめた。中国サービス業が受け入れた直接投資額は初めて製造業を上回り、今後もこの趨勢が維持される見通しだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古