2012年9月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:35 Sep 12 2012

日本が釣魚島を国有化、中国の軍需産業株が高騰

 上海・深センA株市場は11日(火)、全面安で取引を終了した。しかし釣魚島(尖閣諸島)情勢の緊迫化を受け、船舶・軍需産業株の株価が高騰した。地域的な政治情勢の変化が、再びA株に対して影響を与えた。新京報が伝えた。

 ◆船舶企業の株価が高騰

 日本による島買い取りの継続を受け、新華社は11日、「日本からの一方的な挑発に対して、中国はすでに対抗措置を講じており、今後も継続する。中国は武力による脅威を恐れたことがなく、主権と領土を守る決意は固い」とする記事を掲載した。

 この影響を受け、昨日の船舶・軍需産業株の株価が高騰した。

 亜星錨鏈、舜天船舶、北方導航、西儀股フンが上げ止まりとなり、中船股フン、中国船舶の上げ幅が6%以上となった。また中原特鋼、撫順特鋼も上げ止まりとなった。その他、東安動力、長春一東、航天科技、航天動力等の株価が高騰した。

 上海総合指数は昨日0.67%減の2120.55ポイントとなったが、宇宙・航空および国防関連の業界指数は全体的に1.78%増となった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古